編集 | 戻る

Twitter投下処理

↑クリックしたら処理に30秒ぐらいかかる

すごいタイトル

すごい作者

<テストなので著作権堪忍してください> → カクヨム

第0章 冒険者を解雇されました


第1話 クビになりました。


「もう、辞めた方がいいんじゃないですか。」
仲間パーティーからの、解雇通告アドバイス。
 それで、俺の冒険者生活は終わった。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 通勤途中の5年前に転移して、特にチートもなく、縁故もなく、仕方なく始めた冒険者家業しごと。
 魔法の素質はなかった。
 勉強して少しだけ使えるようになったけれど、幼少期から訓練してる連中には及ばなかった。
 剣道は子供の頃からやっていたので、それは大分役立った。
 剣士になる連中は、ほとんどが農民あがりで握り方一つ知らないのだ。足捌さばきという概念もないので、足がドタバタとした送り足で。
 騎士になるような連中には勝てなかったが、そこらの連中よりは、まあまあの腕だった。
 中堅ぐらいにはなって、小金が貯まったけれど30近くなって体力に陰りが見えてきたころ、ある依頼中に、膝に矢を受けた。
 治療魔術である程度は治ったが、そろそろ引き際だな、と自分でも思った矢先の解雇通告アドバイス。

 俺の冒険者生活は5年で終わった。